予防歯科

『痛くなってから』から『痛くなる前に』へ。
虫歯だけでなく歯周病のリスクを減らしましょう。

基本的で大切な事は毎日のブラッシングです。
しかし歯と歯の間や、歯と歯肉の隙間の汚れはブラッシングでは落とすことができません。
また歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる強固な細菌の膜に覆われています。このバイオフィルムは通常のブラッシングでは50%程度しか落とすことができないと言われています。
定期検診は3~6ヵ月が一つのめどです。

予防治療の流れ

1)スケーリング

ハンドスケーラー(手用器具)や超音波スケーラー(器械洗浄)を使用して、歯と歯の間や、歯と歯肉の隙間の歯石を除去します。保険適応です。

矢印

2)PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、特殊なラバーカップやブラシを使用し、歯の表面を覆うバイオフィルムを除去します。

矢印

3)フッ素湿布

フッ化物を塗布することで、強い歯質を作り虫歯を予防します。また、ごく初期の虫歯なら治すことも可能です。歯質の弱い乳歯には特に効果的です。

矢印

4)シーラント

奥歯の溝はブラシが届かない程、深く複雑な形をしています。シーラントは、この溝を埋める薬です。生えたばかりの6歳臼歯は歯質も弱く虫歯のリスクが高いため、シーラントはお勧めです。

矢印

5)唾液検査

唾液の量と質を検査します。このことから虫歯や歯周病になるリスクを調べることができます。治療ではありませんが、ご自身の歯に対する予防意識が高まります。

矢印

6)ブラッシング指導

ブラッシングは毎日の習慣です。間違った磨き方を無意識に続けてもプラークコントロールは難しいものです。正しいブラッシングを習得して頂くことは、より完璧な予防になります。また、染め出し液を使用してどこに磨き残しがあるか見て、磨き方の癖なども理解して頂いています。

歯の定期検診のススメ

歯は治療のためとは言え、一度削るとカリエス(むし歯などの)リスクが極端に高くなり、削れば削るほどそれは増します。
一本の歯を処置できる回数は4回程と言われていますので、完治したからと安心して定期的な健診を怠ると、繰り返し治療の悪循環に陥り、結果的には大切な自分の歯を失うことになります。

個人差にもよりますが3~6ヶ月間隔に一度、歯科医院でのプロケアをお勧めします。

※当院では、治療完治6ヵ月後に定期健診のご案内をハガキにてお知らせいたしております。

なかね歯科 お問い合わせはこちら 0561-33-0330

新着情報

一覧へ >
2016/12/09NEW
1月より働ける正社員募集
2015/08/09
夏期休暇が8月12(水)~16日(日)になります。
2015/05/11
5月15日午後、16日は休診になります
2015/03/17
3月19日(木)20日(金)は休診になります
2015/02/12
2月14日は休診になります