インプラント・矯正

インプラント

なくしてしまった歯を、自然な咬み心地で使える『歯』として取り戻す
インプラント治療は、医師の経験と技術が大切です。

インプラントのメリット

  • ほかの健康な歯を削らない
  • 並んだ複数本を失った場合も、安定した義歯が施せる
  • 使用感が自然
  • メンテナンスをしっかり行えば、結果的に費用が安価

インプラントのデメリット

  • 治療費が他の治療に比べて高額
  • 治癒時間が入るため、時間がかかる
  • 手術など大がかりな治療になる

よくある質問

Q 口の中に金属を入れる影響はありますか?

A 歯根はチタン製を採用しています。人の体になじみやすくアレルギーも起こしにくい金属です。以後のCT検査なども安心して受けて頂けます。

Q インプラント治療ができないのはどんな時ですか?

A 糖尿病、心臓病などに罹患されている方、歯を支えるあごの骨の耐久性が弱い場合などです。
しかし、それらのリスクを補てんする治療方法も出ています。一度ご相談ください。

Q 転勤や引っ越しなどでメンテナンスに通えない時は?

A メンテナンスは数か月に1回なのでご考慮いただければ幸いです。また、院長は日本口腔インプラント学会の会員でもあるので、信頼できる他地域の医師をご紹介できる場合もあります。

Q 治療期間はどれくらい?

A およそ3~6ヵ月ですが、部位や骨の質などにより個人差があります。

矯正

女性の矯正認定医が治療にあたります。

矯正が必要なサイン

歯並びが悪いと起こるトラブルはたくさんあります。

  • 口元の左右バランスが悪くなる、口が閉じられない。

    顔が変形したように見えます。
  • ムシ歯が多い、歯茎の色が黒ずんでいる。

    歯肉炎(歯ぐきの病気)、歯周炎になりやすくなります。
  • 姿勢が悪い、肩や腰の痛み、頭痛を訴える。

    顎の位置がずれて、背骨、骨盤の位置のずれにつながります。
  • 口の開け閉めに音がする、口が開きにくい、顎(耳の前、こめかみ付近)の痛みなどを訴える。

    顎関節症を発症するリスクが増えます。
なかね歯科 お問い合わせはこちら 0561-33-0330

新着情報

一覧へ >
2016/12/09NEW
1月より働ける正社員募集
2015/08/09
夏期休暇が8月12(水)~16日(日)になります。
2015/05/11
5月15日午後、16日は休診になります
2015/03/17
3月19日(木)20日(金)は休診になります
2015/02/12
2月14日は休診になります